スズキ、インド販売2000万台達成…最初のマルチ800から36年

初代マルチ800
  • 初代マルチ800

スズキ(Suzuki)のインド子会社のマルチスズキは11月30日、インド累計販売台数2000万台を達成した、と発表した。

マルチスズキの前身、マルチウドヨグは1983年12月、『マルチ800』の現地生産を開始し、同車をインド市場で発売した。インドに本格的なモータリゼーションが到来する契機となったのが、マルチ800だ。マルチスズキはその後、インドの自動車産業が成長するための基盤を築いた。

インド累計販売台数2000万台は、マルチ800の発売から数えて36年で到達したものだ。最初の1000万台到達には29年を要したが、次の1000万台の上乗せは、8年でスピード達成している。

スズキは現在、マルチスズキのグルガオン工場とマネサール工場、スズキ100%子会社のスズキモーターグジャラートのグジャラート工場の3か所で、インド現地生産を行う。マルチスズキは、2000万台の販売実績は、マルチスズキの製品に対する何百万人もの顧客の信頼の証、としている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • スズキ、インドで新型小型SUV『エスプレッソ』発売 若年層を狙った個性的デザイン 画像 スズキ、インドで新型小型SUV『エスプレッソ』発売 若年層を狙った個性的デザイン
  • スズキ 鈴木社長「インドの右肩上がりは終わり、山あり谷ありに」…第2四半期営業利益は40%減 画像 スズキ 鈴木社長「インドの右肩上がりは終わり、山あり谷ありに」…第2四半期営業利益は40%減
  • ホンダ、インド市場減速や円高で減収減益 2019年4-9月期決算 画像 ホンダ、インド市場減速や円高で減収減益 2019年4-9月期決算
  • マルチスズキと豊田通商、インドに車両解体とリサイクルの合弁会社設立 画像 マルチスズキと豊田通商、インドに車両解体とリサイクルの合弁会社設立

特集

おすすめのニュース