エアアジアXが成田へ再就航、4年ぶり…初便は機内Wi-Fiサービスを無料開放

エアアジアXのD7 552便初便が成田に到着すると放水アーチの歓迎を受けた
  • エアアジアXのD7 552便初便が成田に到着すると放水アーチの歓迎を受けた
  • クアラルンプールへ向けて飛び立つD7 553便初便
  • 記念のアーチで飾られた搭乗口からエアアジアXのD7 553便で出発する乗客
  • エアアジアXのD7 553便の案内
  • クアラルンプール行きD7 553便初便の乗務を前に記念撮影するエアアジアXの客室乗務員
  • 乗務前に愛想を振りまくエアアジアXの客室乗務員
  • エアアジアXのD7 553便初便で出発する乗客には記念のボールペンなどが配られた
  • 98番搭乗口に着いたD7 552便

マレーシアに本拠を置くエアアジアXは11月20日、「成田~クアラルンプール」線を約4年ぶりに復活させ再就航した。再開したのは週4往復(月、水、金、土)8便で、これにより同社が既に就航済みの「羽田~クアラルンプール」と合わせ、東京発着は2路線体制となる。

成田へ再就航したエアアジアXの運航スケジュールは、成田行きD7 552便がクアラルンプールを午前0時15分に出発し、同日午前8時15分成田着。クアラルンプールへの折り返し便D7 553便は午前9時30分に成田を出発し、同日午後3時45分に到着となる。また、同路線に就航するのはJAL、ANA、マレーシア航空に次いで4社目で、LCCとしてはエアアジアXが唯一。なお、エアアジアXが利用するクアラルンプール空港はLCC専用の「KLIA2」となる。

使用機材はエアバスA330-300型機で、座席数はプレミアム・フラットベッド12席を含む計377席。初便となったクアラルンプール発D7 552便の利用者は322人(うち幼児0人)で、午前7時52分にランディング。その後、放水アーチの歓迎を受け、午前8時ちょうどに搭乗口へ到着した。折り返しのD7 553便は午前9時33分に出発。268人(うち幼児2人)が利用した。利用者には記念のペンとキーホルダーがプレゼントされた。

また、エアアジアXの新サービスとして、従来は短距離機材にのみ提供していた機内Wi-Fiサービスをこの路線でも提供。初便の往復に限っては、本来は有料サービスとなる機内Wi-Fiサービス(10MB)を無料開放した。エアアジアXでは順次、他の機材にも導入していく予定にしている。

現在、エアアジアXはクアラルンプールからの路線として関西や札幌、福岡へも就航。関西からは台北(桃園)とハワイ(ホノルル)にも路線を持っている。11月11日に発表された、FAA(米国連邦航空局)がマレーシア航空当局を「カテゴリー2」に格下げした件については、「真意の程はわからないが、新規就航ができないというだけで弊社が就航しているホノルル路線への影響はない」(エアアジアX)とした。

《会田肇》

編集部おすすめのニュース

  • ピーチが成田第3ターミナルへ移動…第2の拠点に 画像 ピーチが成田第3ターミナルへ移動…第2の拠点に
  • 春秋航空が成田に初就航 東京・成田-上海間シャトル化も視野 画像 春秋航空が成田に初就航 東京・成田-上海間シャトル化も視野
  • 航空自衛隊のF-2戦闘機が歓迎フライト…SUPER GT最終戦 画像 航空自衛隊のF-2戦闘機が歓迎フライト…SUPER GT最終戦

特集

おすすめのニュース