ヨコハマタイヤ、New Products Award でタイヤ関連部門賞を独占…SEMA 2019

「Best New Tire Winner」を受賞した「GEOLANDAR X-AT」
  • 「Best New Tire Winner」を受賞した「GEOLANDAR X-AT」
  • 受賞トロフィー
  • 「ADVAN APEX V601」を装着した展示車両
  • GEOLANDAR X-AT
  • GEOLANDAR X-CV
  • ADVAN APEX V601

横浜ゴムの米国販売子会社ヨコハマタイヤコーポレーション(YTC)は、世界最大規模の自動車用品ショー「SEMAショー2019」(11月5-8日)内で行われた「New Products Award」にてタイヤ関連部門における3つの賞を独占した。

横浜ゴムは新商品投入を積極的に進めており、北米でも今年は9商品を新発売。合わせて、11年ぶりにSEMAショーに出展するなど、北米市場でのプレゼンス向上を強化している。SEMAショーでは、グローバルフラッグシップタイヤブランド「ADVAN」やSUV・ピックアップトラック用タイヤブランド「GEOLANDAR」を中心としたラインアップをアピールするとともに、「New Products Award」の独占受賞によりヨコハマタイヤのハイパフォーマンス性を強力に印象付けた。

今回、最も優れた商品を表彰する「Best New Tire Winner」を受賞したのは、SUV・ピックアップトラック向けタイヤ「GEOLANDAR X-AT」。オフロード感溢れるアグレッシブな外観と優れたオフロード性能に加え、オンロードでの快適性や環境性能を両立している。

次いで優秀な2商品を表彰する「Runner-up Awards」に選ばれたのは、高性能クロスオーバーSUV向けハイウェイテレーンタイヤ「GEOLANDAR X-CV」と高性能サマータイヤ「ADVAN APEX V601」だ。GEOLANDAR X-CVは安全性、快適性、経済性を備えながら、急な降雪にも対応する「M+S(マッド&スノー)」規格を獲得するとともに、全サイズで最高速度270km/hに対応するスピードレンジ「W」を実現。ADVAN APEX V601は北米専用に開発した商品で、同社の歴史的ヒット商品「YOKOHAMA A008」のトレッドパターンを彷彿とさせる非対称パターンに最新タイヤテクノロジーを投入している。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • 住友ゴム、タイヤ販売好調も円高などで事業利益3割減 2019年1-9月期決算 画像 住友ゴム、タイヤ販売好調も円高などで事業利益3割減 2019年1-9月期決算
  • ポルシェ 911 をオフローダーに…トーヨータイヤがSEMA 2019で発表へ 画像 ポルシェ 911 をオフローダーに…トーヨータイヤがSEMA 2019で発表へ
  • 三菱 ランエボ5 を450馬力のワイドボディに…トーヨータイヤがSEMA 2019で発表へ 画像 三菱 ランエボ5 を450馬力のワイドボディに…トーヨータイヤがSEMA 2019で発表へ
  • 横浜ゴム、乗用車用オールシーズンタイヤ『BluEarth-4S AW21』を2020年1月より発売 画像 横浜ゴム、乗用車用オールシーズンタイヤ『BluEarth-4S AW21』を2020年1月より発売
  • 【マツダ CX-30】ヨコハマタイヤ BluEarth-GT AE51 を新車装着 画像 【マツダ CX-30】ヨコハマタイヤ BluEarth-GT AE51 を新車装着

特集

おすすめのニュース