AIが自動車保険見積書を作成、証券をスマホで撮影 三井住友海上がアプリ開発

AIを活用した自動車保険見積書作成支援アプリの流れ
  • AIを活用した自動車保険見積書作成支援アプリの流れ

三井住友海上火災保険は、AI(人工知能)を活用した自動車保険見積書作成支援アプリを開発したと発表した。スマートフォンの撮影画像から簡単、スピーディに自動車保険商品を提案する。

アプリはMS&ADシステムズがプロジェクト管理してArithmerと共同開発した。同社の代理店がスマートフォン専用アプリで、顧客の保険証券を撮影し画像データを専用サーバに送信すると、AIが見積書の作成に必要なテキストデータを抽出する。代理店は抽出されたデータをパソコンで確認、見積書作成システムに転送するだけで簡単、スピーディに見積書の作成が可能になる。AIを活用するため、撮影するほど識字率が高まる。

アプリによって顧客の自動車保険証券の提示から見積書の提案まで約70%の時間短縮が見込まれ、顧客の待ち時間が大幅に短縮されるとしている。

《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース