横浜ゴム、タイヤもセンサー内蔵でIoT化の時代へ…東京モーターショー2019

横浜ゴム(東京モーターショー2019)
  • 横浜ゴム(東京モーターショー2019)
  • 横浜ゴム(東京モーターショー2019)
  • 横浜ゴム(東京モーターショー2019)
  • 横浜ゴム(東京モーターショー2019)
  • 横浜ゴム(東京モーターショー2019)
  • 横浜ゴム(東京モーターショー2019)
  • 横浜ゴム(東京モーターショー2019)
  • 横浜ゴム(東京モーターショー2019)

横浜ゴムの東京モーターショー2019でのテーマは「OPEN FUTURE」だ。

これまでタイヤの快適性の指標は走行時の静粛性や乗り心地の良さだったが、EV(電気自動車)の登場により快適性の意味合いも変わってきているという。これからの未来に向けて、横浜ゴムはタイヤのさまざまな研究をしている。

EVはクルマそのものが静かになっているため、より一層タイヤの静粛性が求められる。また将来的に自動(無人)運転が実用化されると、これまで以上に「パンクしにくいタイヤ」が必要とされる。

吸音材によるタイヤノイズ低減技術をより高めた「サイレントフォーム 面ファスナーコンセプトタイヤ」や、クギなどを踏んでもタイヤ内のシーリング材が穴をふさぐ「セルフシールコンセプトタイヤ」が開発中だ。

横浜ゴム(東京モーターショー2019)
ブースには「その場で実感できる新技術」として超軽量タイヤも展示されていた。タイヤの軽量化は燃費向上だけでなく、限られた資源の使用量を減らすことにもつながる。

展示されている超軽量タイヤは、研究が始まった2011年の横浜ゴム従来品(約9kg)と比べ約50%軽量化されている。女性が片手でも持ち上げられる重さ(約4.5kg)になっていた。

横浜ゴム(東京モーターショー2019)
また、タイヤのIoT化も研究が進んでいる。タイヤ内部にセンサーを設置することで空気圧等の情報を得るのだ。

「今後はタイヤセンサーから得られた情報をいかにお客様にフィードバックしていくか、システムやアプリケーションの開発も重要になる」と同社。「将来的には従来のタイヤ空気圧検知にくわえ、摩耗検知、路面検知といったデータをデジタルツールで処理・管理していくソリューションビジネスも視野に入れて研究開発をしていく」と続けた。

横浜ゴム(東京モーターショー2019)
横浜ゴム(東京モーターショー2019)
そこで横浜ゴムは、電子部品で知られるアルプスアルパインと共同開発を進めていることを発表。「新しいタイヤビジネスモデルのシナジー効果も期待している」と結んだ。

《Hideyuki Gomibuchi》

編集部おすすめのニュース

  • 横浜ゴム×アルプスアルパイン、乗用車用タイヤセンサーを共同開発…東京モーターショー2019 画像 横浜ゴム×アルプスアルパイン、乗用車用タイヤセンサーを共同開発…東京モーターショー2019
  • グッドイヤーは空飛ぶ自動車用や酸素を放出するタイヤを展示…東京モーターショー2019 画像 グッドイヤーは空飛ぶ自動車用や酸素を放出するタイヤを展示…東京モーターショー2019
  • Team TOYO TIRES DRIFTの川畑選手がFIA-IDCへの意気込み語る、180SXでの同乗試乗イベントにも参加…東京モーターショー2019 画像 Team TOYO TIRES DRIFTの川畑選手がFIA-IDCへの意気込み語る、180SXでの同乗試乗イベントにも参加…東京モーターショー2019
  • 横浜ゴム、BluEarth-GT AE51 など3製品が2019年度グッドデザイン賞を受賞 画像 横浜ゴム、BluEarth-GT AE51 など3製品が2019年度グッドデザイン賞を受賞

特集

おすすめのニュース