あおり運転社会問題化でドライブレコーダー需要が再燃 2019年7-9月期の出荷が1.5倍

コムテック ZDR-024CE(参考画像)
  • コムテック ZDR-024CE(参考画像)

電子情報技術産業協会とドライブレコーダー協議会が発表した2019年度第2四半期(7~9月期)のドライブレコーダー統計出荷実績は、前年同期比52.4%増の131万5146台と大幅に増加した。

あおり運転が大きな社会問題となっている中、動画による記録が残せることから需要が拡大している。4-6月期との比較でも21.5%増となっている。

内訳は業務用は9万4980台で、コンシューマー用が122万0166台となっている。

ドライブレコーダー出荷統計はアイ・オー・データ機器、アルパイン、クラリオン、JVCケンウッド、デンソー、デンソーテン、パイオニア、パナソニック、三菱電機、矢崎エナジーシステム、ユピテル、TCL、コムテックの出荷実績をまとめたもの。

《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • ドライブレコーダーの種類とメリットを紹介、補助金も[マネーの達人] 画像 ドライブレコーダーの種類とメリットを紹介、補助金も[マネーの達人]
  • あおり運転、2人に1人が被害経験あり 楽天調べ 画像 あおり運転、2人に1人が被害経験あり 楽天調べ
  • 「あおり運転」対策機能のついたドラレコを貸し出し---東京海上日動の特約 画像 「あおり運転」対策機能のついたドラレコを貸し出し---東京海上日動の特約

特集

おすすめのニュース