【F1 日本GP】恒例となったピットウォークを皮切りに、いよいよ開幕

F1日本グランプリ
  • F1日本グランプリ
  • F1日本グランプリ
  • F1日本グランプリ
  • F1日本グランプリ
  • F1日本グランプリ
  • F1日本グランプリ
  • F1日本グランプリ
  • F1日本グランプリ

10月11日から13日まで開催されるF1日本グランプリ(鈴鹿)、10日は午前9時からピットウォーク/ストレートウォークが行われた。

ピットウォークでの一番人気は鈴鹿がホームレースとなる、レッドルブル・ホンダ。チームの前には人だかりができており、ファンの注目が高まっていることが感じられる。また、熱心なファンはオリジナルのコスチュームをつくり、その完成度に驚いたチームスタッフから声がかかることも。いたるところで写真撮影がおこなわれ、ファンが思い思いの形で日本GPを楽しんでいた。

トロロッソ・ホンダのピット前には見慣れない“No.38”のエンジンカウルが。おそらく、FP1で走行予定の「山本尚貴」が乗り込む際に装着されると思われる。今日はドライバーがコースの下見へとピットロードから出発していくので、ラッキーなファンはその場でドライバーに会えることも。

16時からドライバーのサイン会も開催され、当選者だけでなく多くのファンがグランドスタンドからドライバーに声援を送っていた。明日11日は台風の影響でプログラムの変更の可能性もあるが、現段階ではスケジュール通り8時30分にゲートオープンが予定されている。

《後藤竜甫》

編集部おすすめのニュース

特集