MaaS基盤のデータ連携へ…事業者や自治体からヒアリング 国交省

イメージ
  • イメージ
  • MaaS関連データ検討会のメンバー

国土交通省は、10月10日に「MaaS関連データ検討会」を開催して、MaaS(モビリティアズアサービス)基盤となるデータの方向性を検討する。

2019年3月の「都市と地方の新たなモビリティサービス懇談会」の中間とりまとめを踏まえ、MaaSの全国的な普及を前に、連携するデータの範囲や、そのルール、データの形式について整理し、一定の方向性を提示することは、利用者や事業者にとって有益になる。この認識のもと、MaaS関連データ検討会を開催している。

今回の検討会では民間事業者、自治体からヒアリングを実施してMaaSデータの方向性を検討する。

《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • ドコモなど、横浜MaaS「AI運行バス」実証実験を都心臨海部で開始へ 画像 ドコモなど、横浜MaaS「AI運行バス」実証実験を都心臨海部で開始へ
  • 小田急MaaSアプリ…社長「あえて小田急色を出さないことで他社も使いやすくした」 画像 小田急MaaSアプリ…社長「あえて小田急色を出さないことで他社も使いやすくした」
  • MaaSの普及に向けた制度のあり方を検討 国交省 画像 MaaSの普及に向けた制度のあり方を検討 国交省
  • SBドライブなど、生涯活躍のまち上士幌 MaaSプロジェクトの実証実験を北海道で開始へ 画像 SBドライブなど、生涯活躍のまち上士幌 MaaSプロジェクトの実証実験を北海道で開始へ
Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース