千葉県のJR久留里線が10月11日に全線再開へ 台風15号

10月11日午後の列車から、およそ1か月ぶりに全線再開することになった久留里線。写真は上総亀山駅。
  • 10月11日午後の列車から、およそ1か月ぶりに全線再開することになった久留里線。写真は上総亀山駅。
  • 久留里線の被災状況。盛土が流出した久留里~平山間。
  • 久留里線の被災状況。倒木が発生した上総松丘~上総亀山間。

JR東日本千葉支社は10月8日、台風15号の影響で運行見合せが続いていた久留里線(木更津~上総亀山)が10月11日に全線再開する見込みになったと発表した。

同線では9月8日深夜から9日未明にかけて千葉県を襲った台風15号に伴ない、久留里~平山間で盛土流出、上総松丘~上総亀山間で倒木が発生。袖ヶ浦市内の横田、東横田の両駅が損壊するなど大きな被害を受け、全線で運行を見合わせていた。

このうち木更津~久留里間については9月20日夜から運行を再開。残る久留里~上総亀山間についてはマイクロバスや乗合タクシーによる代行輸送を実施している。

10月11日は、下りが木更津13時01分発上総亀山行き、上りが上総亀山14時26分発木更津行きから再開する予定で、翌12日は始発から再開する予定。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

特集