函館本線の火災トンネル、修繕工事が完了…発火につながった断熱防水板を不燃化

JR北海道は9月30日、旭川市内の函館本線伊納(いのう)~近文(ちかぶみ)間にある嵐山トンネル(全長1300m)の覆工修繕工事が完了したことを明らかにした。

同トンネルでは2015年12月27日、伊納方にある入口から約500mの地点で出火事故が発生。「覆工」と呼ばれるトンネルの内壁部分に取り付けられた「断熱防水板」と呼ばれる断熱材付き防水板などが約600mにわたり焼失した。

これにより函館本線は深川~旭川間で運行を見合わせたが、12月29日には応急工事が完了し、徐行により運行を再開した。

その後、2016年1月から原因の究明や対策の検討が行なわれたが、その結果、架線から断熱防水板へ高圧電流が流れ、発火につながったと推定。同年5月から不燃化対策を施した断熱防水板の取付けなどの修繕工事が始まった。

架線が本復旧したその翌月には徐行が解除されていたが、2017年6月には延焼箇所の範囲にモルタル片が一部剥落していたことが判明し、再び運行が見合わされた。

その後、剥落防止工事や覆工コンクリートの補強などが進められ、今年9月10日には覆工修繕工事が完了した。今後はケーブル移設などの関連工事が進められ、全体の工事が完了する。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース