地図・ルート検索開発ツール「NAVITIME API」がリニューアル、最大100地点の巡回経路を自動探索

ナビタイムジャパンは、法人向け地図・ルート検索API「NAVITIME API」をリニューアル、「NAVITIME API 2.0」の提供を9月26日より開始した。

NAVITIME APIは、複数移動手段を組み合わせたルート検索のできるNAVITIMEをはじめ、ナビタイムジャパンが個人向けサービスで提供する地図表示やルート検索などの機能をAPI形式で、法人向けに提供するサービスだ。顧客の業務システムやWebサイト、スマートフォン向けアプリなどに簡単に組み込むことが可能。通勤時間検索、渋滞情報考慮ルート検索、巡回時の最適経路検索など、営業訪問計画や店舗案内などに利用できる。

NAVITIME API 2.0では、既存のNAVITIME APIに加え、最大100地点を最適に結ぶ巡回ルートを自動で探索できる日本初の機能を提供する。巡回ルート検索は、出発地から経由地を巡り目的地までのルート検索と所要時間を検索できる機能。徒歩、車、自転車から移動手段を選択でき、大型車規制を考慮、渋滞情報を考慮など条件設定もできる。最大100地点のルート検索が可能となるため、配送やチラシ配布、店舗のエリア巡回など、複数経由地設定の必要な業態での移動に役立てることができる。

新バージョンでは、顧客の開発ニーズに合わせた柔軟なカスタマイズにも対応。例えば、新しいモビリティを活用したMaaSサービスにて、顧客側が保有する料金や予約情報など、モビリティに付随する情報を、ルート検索と合わせて表示することなどができる。また、徒歩、電車、バス、車、自転車などを用いたルート検索APIを移動手段別に利用したり、シェアサイクルや大型車両向けのルート検索に絞って開発することも可能。複数移動手段を組み合わせることもでき、顧客ニーズに合わせて、必要なものを選択できる。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース