三菱ふそう、中型トラック『ファイター』2019年モデル発売 先進安全装置とテレマティクス機能搭載

三菱ふそう ファイター(2019年モデル)
  • 三菱ふそう ファイター(2019年モデル)
  • 三菱ふそう ファイター(2019年モデル)
  • アクティブ・サイドガード・アシスト
  • 衝突被害軽減ブレーキ
  • 車両安定性制御装置
  • アテンション・アシスト
  • トラックコネクト

三菱ふそうトラック・バス(MFTBC)は、先進安全装置とテレマティクス機能を新たに搭載した中型トラック『ファイター』の2019年モデルを発表、9月より販売を開始した。

4気筒および6気筒エンジンの2エンジンタイプを展開するファイター 2019年モデルは、様々なシーンを想定した先進安全装置を新規導入し、安全運転のサポート機能を大幅に強化した。

「アクティブサイドガードアシスト(オプション)」は、走行中に車両左側の歩行者や車両をレーダーが感知し、左操舵または左折ウインカー操作に入ると警報音でドライバーに警告し、左折時の巻き込み事故やレーンチェンジ時の危険性を抑制する。くわえて、高精度ミリ波レーダーで車両を検知しブレーキを自動作動する衝突被害軽減ブレーキ「AMBプラス」、車両姿勢を検知し、カーブでの横滑り、横転等の危険性が生じた場合、車両の安定性を制御する「車両安定性制御装置(ESP)」、運転注意力モニターの機能と車線逸脱警報システム(LDWS)を通じて必要な警告を行う安全装置「アテンションアシスト」を搭載。安全性能を大幅に改良した。

さらに、大型トラック『スーパーグレート』や電気小型トラック『eキャンター』ですでに導入しているMFTBC独自のテレマティクス機能「トラックコネクト」を搭載し、運行効率化へのニーズにも対応した。トラックコネクトデバイスやデジタルタコグラフ等から得られた車両データを用いて車両を遠隔管理。車両の位置情報や燃費、遠隔診断を通じた故障の検知などをリアルタイムで確認できる。

ドライバーの快適性もさらに改良。視線を動かすことなく手元の感覚で様々なオペレーションが可能になる「ステアリングスイッチ」、リアルタイムで燃費を確認できる「マルチファンクションモニター」、Bluetooth対応のAM/FMラジオも装備したほか、運転席シートヒーターを設定している。

価格は車型2KG-FK62FK、エンジン 6M60(T4)型162kW(220PS)、6速MT、GVW 8t、平ボデー完成車、フルキャブ、リーフサスで894万8880円。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • マツダ スクラムトラック、夜間の歩行者も検知する衝突被害軽減ブレーキを採用 画像 マツダ スクラムトラック、夜間の歩行者も検知する衝突被害軽減ブレーキを採用
  • いすゞ、コネクテッドトラックによる新サービス提供に向けトライアル開始へ 画像 いすゞ、コネクテッドトラックによる新サービス提供に向けトライアル開始へ
  • トラック・バス用全天候タイヤ「ミシュラン X マルチグリップZ」発売へ 画像 トラック・バス用全天候タイヤ「ミシュラン X マルチグリップZ」発売へ
  • 三菱ふそうのEVトラック『eキャンター』、全世界で延べ100万kmを走行…地球25周分に相当 画像 三菱ふそうのEVトラック『eキャンター』、全世界で延べ100万kmを走行…地球25周分に相当

特集

おすすめのニュース