VWグループ、研究開発部門を再編…電動化や自動運転を促進

フォルクスワーゲン ID.3
  • フォルクスワーゲン ID.3
  • フォルクスワーゲンのレベル4の高度な自動運転車の公道テスト

フォルクスワーゲングループ(Volkswagen Group)は9月24日、研究開発部門を「フォルクスワーゲングループ・イノベーション」に再編すると発表した。

今回の再編は、グローバルで革新的なモビリティサービスプロバイダーになるための大きなステップになるという。フォルクスワーゲングループ・イノベーションでは、欧州、アジア、米国の研究開発センターを再編成し、グループのイノベーション活動を集約する。これにより、研究開発体制を強化する。

具体的には、米国カリフォルニア、欧州、アジアの研究開発センターでのすべての研究とイノベーション活動は、フォルクスワーゲングループイノベーションの傘下にまとめられる。フォルクスワーゲングループによると、電動モビリティにおける主導的役割を、さらに強化するための重要な戦略的ステップになるという。

フォルクスワーゲングループは、自動運転、人工知能(AI)、固体バッテリー、燃料電池システム、拡張現実(AR)、ホログラフィーなど、グループの中期戦略目標「TOGETHER 2025+」を達成するための持続可能なイノベーション活動を促進していく、としている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • ホンダは フィット 新型、アコード 新型、ホンダe など多彩…東京モーターショー2019出品予定 画像 ホンダは フィット 新型、アコード 新型、ホンダe など多彩…東京モーターショー2019出品予定
  • リーフと中古バッテリーを活用した循環型再エネシステム、セブンイレブンで実証実験開始 画像 リーフと中古バッテリーを活用した循環型再エネシステム、セブンイレブンで実証実験開始
  • タクシー向けにナビアプリをカスタム…配車サービス「DiDi」とゼンリンが業務提携 画像 タクシー向けにナビアプリをカスタム…配車サービス「DiDi」とゼンリンが業務提携
  • 「燃料電池車、今後10年で1000万台に」菅原経産相が水素閣僚会議で提案[新聞ウオッチ] 画像 「燃料電池車、今後10年で1000万台に」菅原経産相が水素閣僚会議で提案[新聞ウオッチ]

特集

おすすめのニュース