VWグループ、電動車向けリチウムイオン電池の開発と生産を開始

VWグループがドイツで電動車向けのリチウムイオン電池の開発と生産を開始
  • VWグループがドイツで電動車向けのリチウムイオン電池の開発と生産を開始
  • VWグループがドイツで電動車向けのリチウムイオン電池の開発と生産を開始
  • VWグループがドイツで電動車向けのリチウムイオン電池の開発と生産を開始
  • VWグループがドイツで電動車向けのリチウムイオン電池の開発と生産を開始
  • VWグループがドイツで電動車向けのリチウムイオン電池の開発と生産を開始

フォルクスワーゲングループ(Volkswagen Group)は9月23日、ドイツ・ザルツギッターにおいて、電動車向けのリチウムイオンバッテリーの開発と生産を開始した、と発表した。

フォルクスワーゲングループは現在、次世代の電動車を今後10年間で約70車種投入するという電動車攻勢に打って出ている。その先陣を切るのが、「ID.」ファミリーの最初の市販モデルとして、2020年に発売予定のコンパクトEV『ID.3』だ。これに続いて、SUVセグメントには『ID. CROZZ』を投入する計画で、さらにMPVの『ID. BUZZ』を順次、市場に投入していく。

今回の発表は、フォルクスワーゲングループの電動化戦略を加速させるものだ。9月23日、ドイツ・ザルツギッターのセンターオブエクセレンス(CoE)に、小型セル電池生産のパイロットラインが開設された。およそ300人のエンジニアが、リチウムイオンバッテリーの量産に向けて、製造技術の開発やテストに取り組む。

なお、フォルクスワーゲングループは、およそ9億ユーロを投じて、電動車向けのリチウムイオンバッテリー新工場をザルツギッターに建設する計画だ。この新工場は、スウェーデンの電池メーカー、ノースボルトとの折半出資の合弁工場となる。生産開始は2023年末から2024年初頭を予定しており、稼働当初の年間出力は16GWhになる見通しだ。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • 「復活のロータリー」も搭載!マツダのEVに最速試乗…乗り味は「高級サルーン」 画像 「復活のロータリー」も搭載!マツダのEVに最速試乗…乗り味は「高級サルーン」
  • ダイムラー、リチウムイオンバッテリーの供給契約を締結…次世代電動トラック向け 画像 ダイムラー、リチウムイオンバッテリーの供給契約を締結…次世代電動トラック向け
  • ボッシュ、電動車向け48Vバッテリーを共同開発へ…CATLと戦略的提携 画像 ボッシュ、電動車向け48Vバッテリーを共同開発へ…CATLと戦略的提携
  • 次世代のアイスクリーム販売車はEV…冷凍装置の駆動で排ガスを出さない 日産 e-NV200 ベース 画像 次世代のアイスクリーム販売車はEV…冷凍装置の駆動で排ガスを出さない 日産 e-NV200 ベース

特集

おすすめのニュース