SBドライブ、ハンドルのない自律走行バスの公道実証実験に協力…CEATEC 2019で予定

NAVYA ARMAの走行イメージ
  • NAVYA ARMAの走行イメージ

SBドライブは、「CEATEC 2019」の開催に合わせ、千葉市美浜区の公道で10月15日から18日まで実施される、自律走行バスの実証実験に協力する。

実証実験では、SBドライブが提供するハンドルがない自律走行バス「NAVYA ARMA(ナビヤ アルマ)」が、CEATEC会場の幕張メッセ、国際展示場9~11ホール前のロータリーから出発して、左回りに1周するルート約1.5kmを走行する。

SBドライブは、自動運転を前提に設計されたNAVYA ARMAの公道での走行実証を目的に、2019年6月に車両の新規登録を行っており、今回NAVYA ARMAは、一般車両の進入を制限することなく公道を走行する。また実証実験では、車両が合計7基の信号情報を取得し、各信号を通過する際に表示される色を予測することで、急制動を行わずに自動で走行または停止が可能。さらに、SBドライブが開発中の自律走行車両運行プラットフォーム「ディスパッチャー」を使用して、遠隔地からダイヤに基づく走行を車両に指示するデモンストレーションや運行管理を実施する。NAVYA ARMAが信号と連携したり、遠隔地から指示を受けて走行したりするのは、日本で初めてとなる。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集