ブリヂストン、シンガポールの航空産業展に出展へ ラジアルタイヤの展示など

ブリヂストン・ブースのイメージ
  • ブリヂストン・ブースのイメージ
  • ブリヂストン・ブースのイメージ

ブリヂストンエアクラフトタイヤカンパニー(アジア)は、9月24日から26日まで、シンガポールで開催される航空産業の展示会「MRO アジア-パシフィック 2019」に出展する。

同社は、航空機用タイヤの販売および航空機用リトレッドタイヤの生産・販売を手掛けるブリヂストンの子会社。新品タイヤ・リトレッドタイヤといった商品やサービスを組み合わせることで、顧客が抱える課題解決や目標達成に貢献している。

MRO アジア-パシフィックは、例年5000名以上の航空産業従事者、150社を超える世界の航空機メーカーや航空関連企業が出展するアジアで最も影響力のある航空産業に関する展示会のひとつ。ブリヂストンブースでは、JALにも採用されているエアバス社の「A350」向けの航空機用ラジアルタイヤを展示するほか、新品タイヤとリトレッドタイヤを組み合わせた航空機用タイヤソリューションを紹介する。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • ANAハワイ路線に新導入のエアバス A380 型機、ミシュランラジアルタイヤを採用 画像 ANAハワイ路線に新導入のエアバス A380 型機、ミシュランラジアルタイヤを採用
  • 乗った? 総2階建てワイドボディ4発ジェット、エアバス『A380』が生産終了[詳細写真] 画像 乗った? 総2階建てワイドボディ4発ジェット、エアバス『A380』が生産終了[詳細写真]
  • エアバス最大・最新、A350-1000 が東京羽田に着陸 画像 エアバス最大・最新、A350-1000 が東京羽田に着陸
  • ブリヂストン、JALが導入する最新旅客機A350に航空機用ラジアルタイヤを供給 画像 ブリヂストン、JALが導入する最新旅客機A350に航空機用ラジアルタイヤを供給

特集

おすすめのニュース