ホンダ、米国現地生産開始から40周年…出発点は二輪車[ヒストリー]

ホンダ(Honda)の米国部門は9月10日、米国における現地生産の開始から40周年を迎えた、と発表した。

ホンダは1979年、ホンダ・オブ・アメリカ・マニュファクチュアリング(HAM)のオハイオ州メアリズビル二輪工場において、二輪車の生産を開始した。9月10日に第1号車がロールアウトした。翌1980年1月には日本の自動車メーカーとして初めて、米国で乗用車を現地生産する計画を発表した。二輪工場の隣接地にメアリズビル四輪工場を建設し、『アコード』が1982年11月1日にラインオフした。

この40年の間に、ホンダは米国での生産能力を着実に成長させてきた。 現在、ホンダは米国内の12の工場で、2万5000人以上の従業員を雇用している。年間100万台以上の自動車、300万基のエンジン、40万台のパワー機器製品、33万台のパワースポーツ製品を生産している。

2018年には、米国で販売されたホンダとアキュラ車の約3分の2が、米国で現地生産された。ホンダは米国の生産能力向上に、累計202億ドル以上を投資してきた、としている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • MINI、ブランド誕生60周年…原点は革新的なコンパクトカーだった 画像 MINI、ブランド誕生60周年…原点は革新的なコンパクトカーだった
  • ポルシェ 914、デビュー50周年…VWと共同開発のミッドシップスポーツカー 画像 ポルシェ 914、デビュー50周年…VWと共同開発のミッドシップスポーツカー
  • デトマソが復活、創業60周年に合わせて『P72』発表…グッドウッド2019 画像 デトマソが復活、創業60周年に合わせて『P72』発表…グッドウッド2019
Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース