男鹿線に大型SLがやってくる…C61形牽引の『SLおが』 10月12・13日

今秋は男鹿線に入線することになったC61 20。
  • 今秋は男鹿線に入線することになったC61 20。
  • 10月の2日間、臨時快速として運行される男鹿行きの『DLおが』と秋田行きの『SLおが』。
  • 国鉄時代、男鹿線で運行されていたC11形蒸気機関車。

JR東日本秋田支社は8月23日、秋田~男鹿間で10月に運行する臨時列車『SLおが』『DLおが』の概要を発表した。

この列車は、ユネスコの無形文化遺産に登録された「ナマハゲ」で名高い男鹿エリアで、伝統芸能の祭典「新・秋田の行事in男鹿2019」が開催されることに合わせて運行されるもの。秋田県内でSL列車が運行されるのは、2018年10月の秋田~湯沢間『SLこまち号』以来となる。

運行日は10月12・13日で、12系客車4両を使用。秋田方にはC61形蒸気機関車20号機(C61 20)、男鹿方にはディーゼル機関車が連結されるプッシュプル編成となる。

ディーゼル機関車が先頭となる下りは『DLおが』として運行され、時刻は秋田9時発(8時37分入線)~男鹿10時47分着。C61 20が先頭となる上りは『SLおが』として運行され、時刻は男鹿14時45分発~秋田16時17分(16時28分出線)。

国鉄時代、線路規格の関係で、蒸気機関車に小型のタンク式C11形が運用されていた男鹿線に、C61形のような炭水車付きの大型テンダー式蒸気機関車が走行するのはきわめて異例だ。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

  • 秩父鉄道のSL列車、2020年は運休…2019年10-12月の運行は全車自由席に 画像 秩父鉄道のSL列車、2020年は運休…2019年10-12月の運行は全車自由席に
  • 男鹿線でSL列車を運行へ 10月12・13日に男鹿-秋田間で 画像 男鹿線でSL列車を運行へ 10月12・13日に男鹿-秋田間で
  • 『SL銀河』が東北本線を初めて走行…JR東日本盛岡支社が沿線で手旗を振る呼びかけ 4月6・7日 画像 『SL銀河』が東北本線を初めて走行…JR東日本盛岡支社が沿線で手旗を振る呼びかけ 4月6・7日
  • 登山電車がカフェに…箱根登山鉄道最後の吊掛け式、蒲鉾店へ譲渡 9月8日オープン 画像 登山電車がカフェに…箱根登山鉄道最後の吊掛け式、蒲鉾店へ譲渡 9月8日オープン

特集