グーグル、自動運転車の公道走行テストデータを外部に無償開放へ

ウェイモの自動運転車が撮影した画像データ
  • ウェイモの自動運転車が撮影した画像データ

グーグル(Google)の自動運転車開発部門のウェイモ(Waymo)は8月21日、自動運転車両の公道走行テストデータを外部に無償開放すると発表した。

ウェイモは、すでに25の都市で自動運転車両の公道走行テストを行っている。その延べ走行距離は、1600万kmを超えている。この豊富な公道走行テストでのノウハウが、エンジニアと研究者がウェイモの自動運転技術や革新的なアルゴリズムを開発するのに役立っているという。

ウェイモは、「ウェイモ・オープン・データセット」として、自動運転車両の公道走行テストデータを外部に無償開放する。このデータセットには、密集した都市中心部から郊外まで、さまざまな環境をカバーし、昼夜を問わず、晴天や雨の中で収集したデータが含まれる。

また、このデータセットには、アリゾナ州フェニックス、ワシントン州カークランド、カリフォルニア州マウンテンビューとサンフランシスコにまたがる都市部とその郊外など、広範囲の運転条件で収集されたデータが含まれる、としている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • BMWとダイムラー、自動運転技術の共同開発で戦略的提携を締結 画像 BMWとダイムラー、自動運転技術の共同開発で戦略的提携を締結
  • トヨタ、車両電動化技術の特許実施権を無償提供 電動車普及を支援 画像 トヨタ、車両電動化技術の特許実施権を無償提供 電動車普及を支援
  • 【池原照雄の単眼複眼】どっこいHVの時代は続く…トヨタ、システム販売で電動化支援 画像 【池原照雄の単眼複眼】どっこいHVの時代は続く…トヨタ、システム販売で電動化支援
  • トヨタ 寺師副社長「この10年がヤマ場で、今こそ協調の時」…電動化技術特許を無償提供 画像 トヨタ 寺師副社長「この10年がヤマ場で、今こそ協調の時」…電動化技術特許を無償提供

特集