ホンダ、国内四輪車販売店に新店舗デザインコンセプト導入 2020年6月より順次展開

店舗外装イメージ
  • 店舗外装イメージ
  • 店舗内装イメージ

ホンダは、「ホンダ ディーラー コンセプト2.0」(HDC2.0)を導入し、国内四輪車販売店「ホンダカーズ」の店舗デザインを刷新、2020年6月より順次展開すると発表した。

ホンダは2006年、3つの販売チャネル「プリモ」「クリオ」「ベルノ」を「ホンダカーズ」へ統合し、全車種の取り扱いを開始。同時に店舗も白を基調としたデザインに刷新した。今回のHDC2.0導入は、顧客とのコミュニケーションの場として、今まで以上に重要となる店舗の質を向上させ、顧客との絆をさらに強くすることが目的。これを実現するために、HDC2.0は「顧客が居心地が良いと感じる場所」、「ホンダブランドの魅力を体感できる場所」、「従業員全員が輝き誇りを持って働ける場所」の3点をキーコンセプトとした。

外観デザインは、ホンダカースのイメージカラーである「白」を濃いグレーで囲むことで、店舗正面のホンダロゴと白い壁面がより際立つデザインとした。またショールーム周辺にウッド調部材を採用。親しみを感じてもらうことで店舗への入りやすさの向上を目指した。店舗内装は明るいウッド調とすることで居心地の良さを感じてもらうとともに、ホンダブランドを体感できる空間を各所に提供。また従業員にも焦点を当て、洗練されたサービスピットデザインなどを取り入れた。

なお、HDC2.0は2020年6月から新車販売店舗に順次展開するとともに、中古車販売店舗のU-セレクト店舗にも順次展開する。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • 三菱自動車、全世界5000店舗のディーラーに新デザインを展開 画像 三菱自動車、全世界5000店舗のディーラーに新デザインを展開
  • ボルボ・カー豊洲がリニューアルオープン…新CI「VRE」を導入 画像 ボルボ・カー豊洲がリニューアルオープン…新CI「VRE」を導入
  • メルセデス・ベンツ府中を移転リニューアル 最新CIをフルスペック採用 画像 メルセデス・ベンツ府中を移転リニューアル 最新CIをフルスペック採用
  • ベスパ専用ショールームが千葉県市川市にオープン、新ブランドCIに準拠 画像 ベスパ専用ショールームが千葉県市川市にオープン、新ブランドCIに準拠

特集