トーヨータイヤ、欧州初の現地R&Dセンターをドイツに設立

トーヨータイヤは8月8日、ドイツ・ヴィリッヒ市に、欧州初の技術開発拠点「欧州R&Dセンター」を設立し、今秋より稼働を開始すると発表した。

欧州R&Dセンター設立は、欧州における強固な技術基盤の構築、商品開発力の強化、および次世代モビリティを見据えた対応技術の確立などが狙い。これにより、米国、日本、欧州、R&Dグローバル三極体制により、技術・商品情報をR&Dセンター間で共有するとともに、開発速度のスピードアップを実現していく。

同社は2020年5月、セルビア・インジア市に新しくタイヤ工場の建設を着工し、2022年1月より生産を開始する。セルビア工場では最新鋭のスマート工場の確立を図る予定だが、これに先駆け、同じ欧州にR&Dセンターを開設し、さまざまな素材調査をはじめ、最新技術や次世代モビリティに関わる情報収集、材料評価などを実施していく。

欧州は自動車メーカーおよび関連企業も多数集積していることから、車両や市場の動きに関わる最新情報をタイムリーに入手できる利点がある。同センターはマテリアルリサーチ、技術開発を融合し、現地に新設する工場にて、高性能かつ付加価値の高いタイヤの開発・生産を担保していく機能を果たしていく。また今後、セルビア工場の本格稼働に合わせ、配合開発や工法開発、評価やシミュレーションといった各種技術基盤を強化し、戦略商品の開発を進めるため、欧州域内にてR&D機能の拡張も検討していく予定だ。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース