ダイムラー、売上高は2年ぶりに増加 2019年第2四半期決算

ダイムラーのドイツ本社
  • ダイムラーのドイツ本社
  • メルセデスベンツGクラス
  • メルセデスベンツEクラスクーペ

ダイムラー(Daimler)は7月24日、2019年第2四半期(4~6月)の決算を発表した。

同社の発表によると、メルセデスベンツなどグループ全体の第2四半期の売上高は、427億ユーロ(約5兆1385億円)。前年同期の408億ユーロに対して5%増と、2年ぶりに増加した。

一方、第2四半期のEBIT(利払い・税引き前利益)は、16億ユーロ(約1925億円)の赤字。前年同期の26億4000万ユーロの黒字から、赤字に転じた。

赤字となった要因は、タカタ製エアバッグの不具合による欧州などでのリコール(回収・無償修理)に関して、新たな引当金としておよそ10億ユーロを計上したため。さらに、一部ディーゼル車の排ガス規制に関する費用が、およそ16億ユーロ増加した影響も受けた。

ダイムラー取締役会のオーラ・ケレニウス会長は、「第2四半期の業績は、42億ユーロの特別項目の影響を受けた。 2019年下半期は、業績とキャッシュフローを改善する。一貫して変革を継続していく」と述べている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集