BMWモトラッド、白馬でミーティング…地域と盛り上がる 9月7-8日

BMWモトラッドデイズ ジャパン(過去の開催)
  • BMWモトラッドデイズ ジャパン(過去の開催)
  • BMWモトラッドデイズ ジャパン(過去の開催)
  • BMWモトラッドデイズ ジャパン(過去の開催)
  • BMWモトラッドデイズ ジャパン(過去の開催)
  • BMWモトラッドデイズ ジャパン(過去の開催)
  • BMWモトラッドデイズ ジャパン(過去の開催)
  • BMWモトラッドデイズ ジャパン(過去の開催)
  • BMWモトラッドデイズ ジャパン(過去の開催)

ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)は、2輪ミーティングイベント「BMWモトラッドデイズ ジャパン 2019」を、9月7日・8日の2日間、Hakuba 47 マウンテンスポーツパーク(長野県)他で開催する。

16回目となる今年のBMWモトラッドデイズ ジャパンのテーマは「長野県および白馬村の地域の人々と手を取り合って、イベントを盛り上げる」。ブランド問わずすべてのライダーが、地域の人々と積極的に交流し、同時に地域の人々も「おもてなし」を通じてライダーと繋がることで、地域貢献とライダーとしての歓びを体感してもらうことを目的に開催し、BMWモトラッドオーナーだけでなく、すべてのライダーが楽しめるイベントを目指す。

期間中は、レースマシンやヴィンテージバイクなど、様々なデモンストレーション走行や、山の斜面を駆け上がるヒルクライムコンテスト、BMWのバイクや4輪、MINIを体験できる試乗会、子ども向け交通安全教室などを実施する予定だ。

また今年は、来春にニュージーランドで開催されるGS乗り世界一決定戦「インターナショナルGSトロフィー 2020」の日本代表選手選考会最終予選を開催。運転技能だけではなく、体力やチームワークが重要視される国際競技大会出場への切符をかけて、既に6月に開催された1次予選通過者10名と、国際女性チーム選考会への挑戦権を手にした2名の女性ライダーが参加する。

参加・入場は無料(別途有料コンテンツあり)。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集