プジョー世界販売、日本は3.4%増 2019年上半期

プジョー508新型
  • プジョー508新型
  • プジョー2008
  • プジョー308
  • プジョー3008
  • プジョー5008

プジョー(Peugeot)は7月15日、2019年上半期(1~6月)の世界新車販売の結果を発表した。総販売台数は76万7062台。前年同期比は23.7%減と、2年連続で前年実績を下回った。

上半期の市場別実績は、欧州が乗用車とLCV(軽商用車)合計で、63万9385台を販売。前年同期比は1.6%減と、2年ぶりのマイナスだ。そんな中、新型『508』と『508 SW』の立ち上がりは良好という。

欧州以外の市場では、中国と東南アジアが3万3068台を販売。前年同期比は63.7%減と、2桁の減少が続く。日本は上半期、5410台を販売した。前年同期比は3.4%増と、前年実績を上回った。

南米は、前年同期比35.5%減の4万1518台と後退した。インドおよび太平洋地域も、5.4%減の9463台とマイナスに転じた。中東およびアフリカは、3万9930台を販売。前年同期比は78.5%減と、2年連続で前年実績を下回った。

プジョーの2018年の世界新車販売台数は、174万0283台。前年比は2.4%増と、5年連続で前年実績を上回っている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集