ホンダ N-BOX、大差で5年連続トップ 軽自動車販売2019年上半期車名別

ホンダN-BOX
  • ホンダN-BOX
  • スズキ・スペーシア

全国軽自動車協会連合会は7月4日、2019年上半期(1~6月)の軽四輪車通称名別新車販売台数(速報)を発表。ホンダ『N-BOX』が前年同期比2.9%増の13万1233台で、5年連続のトップとなった。

2位は前年同様、スズキ『スペーシア』で、同12.6%増の8万9750台と好調をキープ。しかし、首位N-BOXとは4万1483台差と大きく引き離された。3位には、ワンラックアップで同14.0%増の8万1828台を販売したダイハツ『タント』がランクインした。

2019年上半期の軽自動車販売台数ランキング

1位[1位]:ホンダN-BOX 13万1233台(2.9%増・3年連続増)
2位[2位]:スズキ・スペーシア 8万9750台(12.6%増・3年連続増)
3位[4位]:ダイハツ・タント 8万1828台(14.0%増・3年ぶり増)
4位[5位]:日産デイズ 7万9789台(11.2%増・2年ぶり増)
5位[3位]:ダイハツ・ムーヴ 6万8833台(7.1%減・3年ぶり減)
6位[7位]:ダイハツ・ミラ 5万5439台(10.6%増・3年連続増)
7位[6位]:スズキ・ワゴンR 5万1377台(17.1%減・3年ぶり減)
8位[8位]:スズキ・アルト 3万8139台(12.1%減・4年連続減)
9位[10位]:スズキ・ハスラー 2万9712台(7.8%減・4年連続減)
10位[11位]:三菱eK 2万5925台(7.6%増・3年連続増)

※[]内は前年順位、()内は前年比

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集