トヨタ米国販売3%減の115万台、RAV4 は新型効果が持続 2019年上半期

トヨタRAV4新型(米国仕様)
  • トヨタRAV4新型(米国仕様)
  • トヨタ・タコマ
  • トヨタ・カローラ・ハッチバック新型(日本名:カローラスポーツ)
  • トヨタ・カムリ・ハイブリッド
  • トヨタ・カローラ
  • トヨタ・ハイランダー
  • トヨタ・タンドラTRDスポーツ

トヨタ自動車(Toyota)の米国法人、米国トヨタ販売は7月2日、2019年上半期(1~6月)の新車販売の結果を発表した。総販売台数は115万2108台。前年同期比は3.1%減と、2年ぶりに前年実績を下回った。

全販売台数115万2108台の内訳は、乗用車が前年同期比7.7%減の43万1804台と減少傾向にある。SUVなどのライトトラックも、前年同期比0.2%減の72万0304台と、マイナスに転じた。

トヨタブランドの上半期実績は、前年同期比3.6%減の101万6373台。乗用車系では、ベストセラー乗用車の『カムリ』が、17万6008台を販売。前年同期比は1.6%減と、2年ぶりに前年実績を割り込んだ。『カローラ』も、5.3%減の15万2868台と減少傾向にある。『プリウス』は、36.7%減の2万9241台にとどまった。

トヨタブランドのライトトラック(SUV/ピックアップトラック/ミニバン)系では、主力の『RAV4』が20万0610台。新型効果が持続しており、前年同期比は1.1%増とプラスを維持した。中型SUVの『ハイランダー』は11万1183台。前年同期比は2.7%減と、マイナスに転じた。大型ピックアップトラックの『タンドラ』は、2.3%減の5万4497台と後退。『タコマ』は、4.8%増の12万1866台と、2年連続のプラスとなった。

トヨタ自動車の2018年米国新車販売は、242万6672台。前年比は0.3%減と、引き続き落ち込んでいる。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • ホンダがシボレーのトラックをレストアした理由とは? 米国進出60周年を記念 画像 ホンダがシボレーのトラックをレストアした理由とは? 米国進出60周年を記念
  • 三菱、日産との連携を強化…米国本社を2019年内に移転へ 画像 三菱、日産との連携を強化…米国本社を2019年内に移転へ
  • ホンダの米インディアナ工場、200万台目がラインオフ… インサイト 新型の生産拠点 画像 ホンダの米インディアナ工場、200万台目がラインオフ… インサイト 新型の生産拠点
  • 日産、北米のデザイントップを指名…元BMWのウッドハウス氏 画像 日産、北米のデザイントップを指名…元BMWのウッドハウス氏

特集