フルエアロ装着のR31ドリフトマシン、1/10電動RCカー用ボディで登場

R31HOUSE GAIA 電動RCカー用ボディ
  • R31HOUSE GAIA 電動RCカー用ボディ
  • R31HOUSE GAIA(東京オートサロン)
  • R31HOUSE GAIA 電動RCカー用ボディ
  • R31HOUSE GAIA 電動RCカー用ボディ
  • R31HOUSE GAIA 電動RCカー用ボディ
  • R31HOUSE GAIA 電動RCカー用ボディ
  • R31HOUSE GAIA(東京オートサロン)

7代目(R31型)スカイライン専門店「R31ハウス」(岐阜県・坂祝町)を運営する柴田自動車は、ドリフトマシン「R31HOUSE GAIA」の1/10電動RCカー用ボディを7月末日より発売する。

R31ハウスは、フルエアロキットを装着したR31スカイラインのドリフトマシン「R31HOUSE GAIA」を今年の東京オートサロンに出展。新製品は日産自動車の公認を取得し、TEAM R31HOUSEのドリフトレース車輌をラジコンボディとして忠実に再現した。

ボディは、ポリカーボネート製(未塗装、フロント&バンパー別体)で、好みのカラーに塗装して仕上げることができる。サイズは全幅200mm、価格(税別)は5900円。

なお、実車は7月26日、27日に富士スピードウェイで開催される「フォーミュラードリフトジャパン 第3戦」でデビューする予定だ。

R31ハウスは1996年、7代目スカイラインの専門店として開業。中古車販売、チューニング、レストアなどを手がけてきた。2010年にはラジコンサーキットの運営を開始。オリジナルラジドリ(ラジコンドリフト)シャーシ「GRK」シリーズの開発・販売を手がけるなど、ラジコン事業にも力を注いでいる。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集