モーガンが新型スポーツカー向け車台を発表へ、BMWのV8搭載車の後継…グッドウッド2019

モーガンの新型スポーツカーの車台
  • モーガンの新型スポーツカーの車台
  • モーガン・プラス8 50thアニバーサリースペシャルエディション(参考画像)
  • モーガン・プラス8 50thアニバーサリースペシャルエディション(参考画像)
  • モーガン・プラス8 50thアニバーサリースペシャルエディション(参考画像)
  • モーガン・プラス8 50thアニバーサリースペシャルエディション(参考画像)

モーガンモーターカンパニー(Morgan Motor Company)は6月28日、英国で7月4日に開幕する「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード2019」において、新型スポーツカー向けに新開発した車台を初公開すると発表した。

モーガンモーターカンパニーは1908年、ハリーHFSモーガン氏によって英国ウスター州に設立され、スポーツカーを少量生産している。主力車種の『プラス8』は、1968年から2004年まで生産されていた2シーターのロードスターだ。2012年春、ジュネーブモーターショー2012では、プラス8が8年ぶりに復活を果たした。

復活したプラス8のハイライトは、エンジンだ。旧ローバー製に代わる4.8リットルのV型8気筒ガソリンユニットは、BMW製がベースで、最大出力367hpを発生する。スポーツエグゾースト仕様は、最大出力が390hpだ。車両重量は1100kgに抑えられ、0~100km/h加速4.5秒、最高速250km/h(リミッター作動)の性能を持つ。

モーガンモーターカンパニーは、グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード2019において、新型スポーツカー向けに新開発した車台を初公開する。この新型スポーツカーは、最終モデルを限定50台販売して生産を終了するプラス8の実質的な後継モデルになる。

また、この新型スポーツカーは、ワイドボディが特徴になる。アルミ製プラットフォームに新たなパワートレインを搭載する。シャーシの剛性を2倍に引き上げ、新パワートレインとの組み合わせによりモーガン史上、最もダイナミックな量産車に仕上げることを目指している。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集