ワンマン列車で運賃のQRコード決済に対応…長良川鉄道が『PayPay』を活用 7月1日から

長良川鉄道では誤って「支払う」ボタンを押してしまった場合「その場で運転士にご相談ください」としている。
  • 長良川鉄道では誤って「支払う」ボタンを押してしまった場合「その場で運転士にご相談ください」としている。
  • QRコード決済開始の告知。

岐阜県の美濃太田駅(美濃加茂市)と北濃(ほくのう)駅(白鳥町)を結ぶ長良川鉄道は、7月1日からワンマン列車の車内で、運賃のQRコード決済を開始する。

これは『PayPay』を活用するもので、車内に掲示しているポスターにあるQRコードを読み取ってから支払い額を入力した画面を運転士に見せ、その場でアプリの「支払う」ボタンを押すと決済が完了する。

なお、ポスターに掲示されるQRコードは車両ごとに異なるため、必ず乗車中の列車で読み取る必要がある。

鉄道におけるQRコード決済は、ほかに神奈川県の湘南モノレール、広島県のスカイレールサービス(スカイレールみどり坂線)、福岡県の北九州高速鉄道(北九州モノレール)、沖縄県の沖縄都市モノレール(ゆいレール)で導入されている。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

特集