阪神高速、土・日・祝限定のETC乗り放題パス発売へ 7月6日から12月15日まで

阪神高速
  • 阪神高速

阪神高速は、夏から秋のレジャーシーズンに合わせて「ETC乗り放題パス【2019 SUMMER-AUTUMN】」を販売、6月28日より申込受付を開始する。

ETC乗り放題パスは、ETC無線通行する軽自動車等(軽・二輪)および普通車を対象とし、事前申込した日の通行料金が1日定額で乗り放題となるもの。実施期間は7月6日から12月15日までの土・日・祝日(8月10日、11日、12日、17日、18日およびこのほか4日程度除外日を設定する予定)。各設定日4000名限定で、期間中、1枚のETCカードで10回まで申し込みできる。

利用料金は東地区または西地区のみが普通車1090円(ETC2.0の場合は1040円)、軽・二輪が940円(同890円)。全地区の場合は普通車1650円(1570円)、軽・二輪が1390円(同1320円)。例えば、大阪市内から京橋PA、ナナ・ファーム須磨、神戸市立須磨離宮公園へ行った場合、通常料金は2600円。乗り放題パスなら1090円(西地区適用)と半額以下となる。また、申込み特典として、新元号の出典となった万葉集に関連する「奈良県立万葉文化館」ほか、大阪・兵庫・奈良地域で約60か所で利用できるお得なクーポンを用意する。

利用希望者は、利用日、ETCカード番号および車種等の情報を専用WEBサイトに入力し、事前申し込みを行う。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集