ナビタイムジャパンなど、外国人ドライブ観光客の動向等分析で「北海道開発局長賞」を受賞

GISを活用した外国人ドライブ観光客の動向等分析(参考画像)
  • GISを活用した外国人ドライブ観光客の動向等分析(参考画像)

ナビタイムジャパンは、北海道開発局との共同研究「GIS(地理情報システム)を活用した外国人ドライブ観光客の動向等分析」を実施、第62回(平成30年度)北海道開発技術研究発表会にて「北海道開発局長賞」を受賞したと発表した。

北海道開発技術研究発表会は、北海道開発事業に係る諸問題に関する調査、研究等の成果を発表することにより、技術等の向上とその普及を図ることを目的として開催。今回、ナビタイムジャパンと北海道開発局との共同研究「GISを活用した外国人ドライブ観光客の動向等分析-世界水準の魅力ある観光地域づくりに向けて-」が北海道開発局長賞に選ばれた。

GISおよびアプリデータを良く分析しており、これまで明確に把握されていなかった外国人ドライブ観光の動向を、新たに把握することに成功していることや、それらを踏まえて観光施策に関する分析、提言を行っていることなどが、高く評価された。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集