スバル、リサイクル収支黒字分2億8900万円を拠出 2018年度

SUBARU(スバル)は、自動車リサイクル法に基づく2018年度(2018年4月~19年3月)の再資源化などの実績を公表した。

2018年度の実績は、シュレッダーダスト(ASR)では16万6535台から2万6753トンを回収、このうち2万6116トンを再資源化した。ASR再資源化率は97.6%となり、2015年度以降の法定基準である70%を達成した。

エアバッグ類は、14万1885台から46万3086個を引取り、リサイクル施設にて4万0359kgを再資源化した。再資源化率は94.4%となり、法定基準の85%を上回った。またフロン類は14万6542台から3万4727kgを引取り、適正に処理した。

再資源化に要した費用は14億1100万円、資金管理法人から払渡しを受けた預託金は総額17億9000万円で、リサイクル収支は3億7900万円の黒字となった。このうち、2億8900万円を自動車リサイクル高度化財団に拠出している。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • マツダ、2018年度リサイクル収支黒字分2億4000万円を自動車リサイクル高度化財団に拠出 画像 マツダ、2018年度リサイクル収支黒字分2億4000万円を自動車リサイクル高度化財団に拠出
  • 豊田通商など、自動車の樹脂リサイクル実証事業は第2段階へ ユーザー負担軽減を目指す 画像 豊田通商など、自動車の樹脂リサイクル実証事業は第2段階へ ユーザー負担軽減を目指す
  • ボルボカーズ、樹脂製部品の25%以上をリサイクル素材に…2025年から 画像 ボルボカーズ、樹脂製部品の25%以上をリサイクル素材に…2025年から
  • 産学連携による次世代型シュレッダー開発へ、自動車プラスチック部品をリサイクル資源化 画像 産学連携による次世代型シュレッダー開発へ、自動車プラスチック部品をリサイクル資源化

特集

おすすめのニュース