成田空港、赤外線カメラを活用した路面点検車導入へ 作業効率は4倍に

成田空港は、グループ会社であるエアポートメンテナンスサービスと協力し、滑走路・誘導路への点検業務に「赤外線路面点検車」を7月より導入すると発表した。

従来の路面点検は、目視と打音調査による人力点検で、表面に変状が現れていないと発見が困難だったほか、人間の能力に頼るため知見と経験が必要となっていた。

今回導入する赤外線路面点検車は、舗装内部に空洞などがある箇所では舗装表面に温度差が現れるという特性を利用。舗装表面の温度差を測定することで、従来目視では確認できなかったアスファルト舗装内部の変状を可視化。その結果、安定的な点検作業を目視に比べ4倍の速度で実施できるようになる。

成田空港では今後、舗装表面変状の自動検出やAIを活用した損傷診断(判定の自動化)、プロジェクションマッピング機能による高精度化なども視野に、さらなる空港の安全・安定運用を目指していく。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース