東京メトロの24時間券に平成引退車両…丸ノ内線300形など8種類がセット 7月8日から発売

「営団地下鉄~東京メトロ 平成に引退した車両たち」と題した8枚組24時間券の台紙。
  • 「営団地下鉄~東京メトロ 平成に引退した車両たち」と題した8枚組24時間券の台紙。
  • 8種類の車両が網羅される24時間券のデザイン。千代田線6000系(下段右端)のみは「ありがとう平成」のヘッドマークを付けたものとなる。

東京地下鉄(東京メトロ)は6月10日、平成時代に引退した車両をデザインした24時間券を、7月8日10時から同社のウェブサイトで発売すると発表した。

銀座線2000形、銀座線01系、丸ノ内線300形、丸ノ内線500形、日比谷線3000系、東西線5000系、千代田線06系、千代田線6000系の8種類が専用台紙とセットになったもので、発売額は4800円(送料別)。

3100セットが8月31日23時59分まで発売され、1人5セットまで購入できる。発送は9月上旬から順次行なわれる。

東京メトロの24時間券は、使用開始日時から24時間、東京メトロ全線が乗り降り自由となる切符で、日を跨いでも使用できる。今回発売されるものは、9月1日から2020年4月30日までの間、1枚あたり任意の24時間が有効となる。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

特集