バスをギリギリまで寄せられる縁石、ブリヂストンなどが開発 岡山で運用開始

バス停バリアレス縁石
  • バス停バリアレス縁石

ブリヂストンは、横浜国立大学、日本交通計画協会、アドヴァンスと、バスをギリギリまで寄せられる「バス停バリアレス縁石」を開発、6月10日より後楽園(岡山市)のバス停で運用が始まった。

路線バスやBRT(バス高速輸送システム)といったバス輸送では、乗降時のバリアフリー化が大きな課題の一つ。高齢者や車いす利用者、ベビーカー利用者が、安心してスムーズに乗降できるよう、バスと停留所の間の隙間を可能な限り小さくする、正着性が求められている。

バス停バリアレス縁石は、側面の特殊な形状等により乗降口と停留所の隙間を小さくする正着性を向上し、バス乗降のバリアフリー化に貢献する。今回実用化した縁石は、ブリヂストンと日本交通計画協会の知見を融合させた、大型・小型のバスがともに正着性向上を達成できる汎用性の高い形状となっている。これにより、「バスを安定的に縁石に寄せる」、「タイヤと縁石の接触時の影響を緩和する」というバリアレス縁石実用化に向けた課題を解決し、岡山市が取り組んでいる「バス利用者の安全確保と利便性向上」に貢献する。

ブリヂストンは今後、個々のニーズに応じてカスタマイズ可能なバリアレス縁石とともに、縁石に対応するバリアレスコンセプトタイヤについても研究を進め、縁石とタイヤを組み合わせたバリアレス化システムとして様々な場所に展開する予定だ。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集