オートエクゼ、モーションコントロールビームに CX-5/CX-8/アクセラ/アテンザ 用を追加 ねじれ剛性アップ

モーションコントロールビーム
  • モーションコントロールビーム
  • モーションコントロールビームの装着状態
  • モーションコントロールビーム(カットモデル)
  • モーションコントロールビームの内部構造

マツダ車専門のチューニングパーツを展開するオートエクゼは、ボディ剛性向上をサポートする「モーションコントロールビーム」に、マツダ『CX-5』、『CX-8』、『アクセラ』、『アテンザ』用を追加設定し、販売を開始した。

モーションコントロールビームは、超高減衰の摩擦式ダンパーにより、ボディ前後末端部を補強し、捩じれ剛性を高める新アイテム。ボディ末端部は、大きな負荷が掛かるサスペンションの装着部位で捩じれやすく、ここを補強することで、より強靭なボディが実現する。

新製品は皿バネと摩擦板によるシンプルなメカ構成で、サスペンションスプリングの100倍以上のバネ定数を持つ強靭な皿バネの突っ張りによりボディ剛性を確保。そして、ボディが振動しようとする瞬間のストローク域から摩擦板の弾性力と摩擦力により振動を制振することで、シャープかつ、しなやかさを備えたハンドリングを実現する。

新製品は単品装着でも十分な効果を発揮するが、ストラットタワーバーやメンバーブレースセットなど、同社製ボディ補強パーツとの組み合わせを推奨。今回は既存のロードスター(ND)用に加え、基本プラットフォームを同じくする、CX-5(KF・KE)/CX-8/アクセラ(BM)/アテンザ(GJ)、5車種の対応品を新設定し、ラインアップを拡張した。価格(税別)は8万8000円。

オートエクゼでは今後、『デミオ』(DJ)、『RX-8』、『ロードスター』(NC)などへの展開を予定している。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集