トヨタ紡織の新シート、ANA国内線2機種に追加搭載 2019年秋より

トヨタ紡織とANAが共同開発した航空機シート
  • トヨタ紡織とANAが共同開発した航空機シート
  • 骨盤をしっかり支持することで、腰周りの筋肉の疲労を抑え、リラックスできる姿勢を保持
  • フィット感向上のため、背もたれのフレーム形状を最適化
  • テーブルやアームレストなど、小柄な人から大柄な人まで、誰もが心地よいと感じる位置やカタチに設定
  • タッチパネル式パーソナルモニターはどのような体格の人にも見やすく使いやすい角度に設定、テーブルのカップホルダーを紙コップが取り出しやすいカタチに改善、シート前ポケットに携帯電話など小物が収納できるネットポケットを追加
  • ボーイング777-300ER

トヨタ紡織は、全日本空輸(ANA)と新たな航空機シートを共同開発し、2015年の採用に続き、2機種のANA国内線普通席に採用されたと発表した。2019年秋より、ボーイング777-200型機8機、ボーイング787-8型機11機(約6000席)に導入される予定。

2015年からANA国内線(ボーイング767-300型機6機)に搭載されたシートは、同社が自動車用シート開発で培ってきた座り心地の知見と高品質のモノづくりのノウハウを活かしており、その品質の良さが認められ、新たな採用につながった。

新シートは、座り心地の面では、どのような体格の人にも心地よくフィットする形状を踏襲した上で、背もたれのフレーム形状を最適化し、快適性を向上。また、テーブルやアームレストの高さや形状の細部に配慮。新たにタッチパネル式パーソナルモニター装着など、機能を充実させるとともに、スリムなシート形状で開放感を創出している。

トヨタ紡織では、今後も航空機シートビジネスのさらなる拡大を目指していく。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集