NTTドコモ、GNSS位置補正情報配信基盤を提供…cm単位で位置情報を把握

イメージ <写真AC>
  • イメージ <写真AC>
  • GNSS位置補正情報配信基盤の概要 <図版 NTTドコモ>

NTTドコモは5月28日、測位衛星システムGNSSを活用することで誤差数センチメートルの高精度で測位できる技術を確立、「GNSS位置補正情報配信基盤」を2019年10月1日から提供開始すると発表した。

建機業界などは、労働力不足に対応したICT建機の普及による効率的な施工管理のために、数センチメートル単位での高精度な位置情報の把握が必要。

今回確立した基盤は、国土地理院が全国に設置した約1300局の電子基準点とドコモ独自固定局がGNSSから観測したデータを位置補正情報配信サーバに集めて加工した位置補正情報を、携帯電話ネットワークを通じて高精度位置情報を必要とする移動局に配信、誤差数センチメートルの高精度測位を可能にする。

ソリューションパートナーとドコモが独自構築する配信サーバの開発と、現在の市場におけるGNSSに関わるインフラ機材の低価格化により、高品質で価格を抑えたサービスを提供できる。

コマツは10月1日から基盤を利用し、建機のオペレーター支援システムであるマシンガイダンス技術への活用をドコモと共同で推進する。

今後ドコモは、基盤を通じて建機業界だけでなく様々な業界の位置情報測位に関する課題に対して取り組むことを検討する。

《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集