旭化成、車室空間コンセプト「AKXY POD」を出展予定…人とくるまのテクノロジー2019

車室空間のコンセプトモック「AKXY POD」
  • 車室空間のコンセプトモック「AKXY POD」
  • 車室空間のコンセプトモック「AKXY POD」
  • 車室空間のコンセプトモック「AKXY POD」
  • 車室空間のコンセプトモック「AKXY POD」

旭化成は、5月22~24日にパシフィコ横浜で開催される自動車技術展「人とくるまのテクノロジー展2019横浜」に、車室空間のコンセプトモック「AKXY POD」を出展する。

同社は、2017年にAsahi Kasei X(X:掛ける)You(お客様)の想いを込めて、コンセプトカー「AKXY」を制作・発表。以来、国内外の展示会や、自動車メーカー、自動車部品メーカーで展示会を開催し、未来の自動車に関する議論を深めてきた。

今回出展するAKXY PODは、搭乗者にとって快適・安全・安心な未来の車室空間をさまざまな繊維製品や樹脂製品、センサなどを用いて具現化。実際に搭乗することで、五感を通して未来の車室空間を体感・イメージし、インスピレーションを得てもらうことを目的としている。

デザインは、EVメーカー GLMでチーフデザイナーを務めていた石丸竜平氏が設立したデザインハウス「Fortmarei」が担当。透明のPODの外観は、自然を閉じ込めたカプセルを連想させ、まるで振動もなく浮遊しているかのような快適な移動空間をイメージしている。それに内包されるインテリアは、水平方向に前後へと伸びる大きな「輪」で構成され、製品と自然素材とを交互に組み合わせてデザイン。自動車と素材、搭乗者と自然とのつながりを表現し、旭化成のビジョンである「環境との共生」を訴求したものとしている。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集