帝人、高機能素材搭載の低速EVを国内初公開へ…人とくるまのテクノロジー2019

帝人(webサイト)
  • 帝人(webサイト)
  • 会場のパシフィコ横浜

帝人グループは、5月22~24日にパシフィコ横浜で開催される自動車技術展「人とくるまのテクノロジー展2019横浜」に、帝人の高機能素材を搭載した豪AEV社の低速EVを国内初公開する。

AEV社が開発を進める低速EVは、駆動部とその上に搭載する交換可能なボディにより構成。ボディを交換することで、多様な車両として活用できる。今回の展示では、このコンセプトカーにPC樹脂グレージングなどを搭載し、乗車する人の開放感や、滑らかで美しいデザインを訴求する。

コンポジット外装部品では、マルチマテリアルによる部材の提案として、ドアモジュールの試作品を国内初出展。また、北米最大の自動車向け複合材料部品メーカー、コンチネンタル・ストラクチュラル・プラスチックス(CSP社)の高度なGF-SMC製造技術を用いた、「クラスA」と称される外観美と軽量性とを兼ね備えた外装部品を紹介する。

また、欧州自動車メーカーに幅広く採用実績を持つ独ジーグラー社が製造するワディング材・吸音材を紹介する。ワディング材は主にレザー仕様のカーシート表皮材のしわ・たるみ防止や高い通気性などが特徴。吸音材は広い周波数帯域で高い吸音特性を発揮する。帝人ではこれらの素材を活用した車内空間の快適性向上につながるソリューションや、新たな内装デザインの可能性を提案する。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集