登場から半世紀、元南海の電車がラストラン…熊本電鉄の200形 7月30日

7月30日限りで引退する200形電車。1969年に登場した元南海22000系で、熊本電鉄に導入後はATSが追加され201A・202Aとなり、前面にスカートが取り付けられた。
  • 7月30日限りで引退する200形電車。1969年に登場した元南海22000系で、熊本電鉄に導入後はATSが追加され201A・202Aとなり、前面にスカートが取り付けられた。
  • 7月1日から掲出される200形引退記念ヘッドマークとその掲出イメージ。
  • 5月28日から発売される「さよなら200形記念乗車券」。2セット購入するごとに右のラバーキーホルダー(非売品)がプレゼントされる。

熊本県の熊本電気鉄道(熊本電鉄)は5月20日、200形電車(201A+202A)が7月30日限りで引退することを明らかにした。

200形は、熊本電鉄としては3代目の形式名で、1969年以来、南海電気鉄道(南海)高野線で運行されていた22000系1編成(22003+22004)を1998年に導入したもの。南海時代から数えて半世紀、熊本電鉄での導入時から約21年が経過していた。

この引退を記念して、5月28日9時からは北熊本駅くまでんショップで「さよなら200形記念乗車券」(1000円)を500セット限定で発売。7月1日からは前後でデザインが異なるヘッドマークを掲出する。

また7月7日には200形の運転体験(定員8人、参加費1万円)を、7月28日には9時から12時まで北熊本駅車庫で撮影会を開催する。

なお、ラストランとなる7月30日は、終日、北熊本~上熊本間で運行される予定。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

特集