トヨタL&F、より小型な1.8t積FCフォークリフトを今秋より追加発売

1.8t積タイプ燃料電池フォークリフト
  • 1.8t積タイプ燃料電池フォークリフト

豊田自動織機・トヨタL&Fカンパニーは、1.8t積燃料電池(FC)フォークリフトの販売を今秋より開始すると発表した。

同社は2016年11月、日本初となるFCフォークリフトの販売を開始し、国・自治体の実証実験を含め累計で約160台を納入。これまでは2.5t積タイプ1種類だったが、より小型なFCフォークリフトへの要望に対応するため、環境省の「CO2排出削減対策強化誘導型技術開発・実証事業」を通じて開発に取り組み、1.8t積タイプの発売に至った。

1.8t積タイプも2.5t積タイプ同様、稼動時にCO2やNOxなどを排出しない優れた環境性能と、約3分で水素燃料充填が完了する高い利便性を備え、非常用電源としても活用できる外部給電機能を標準装備する。また、2.5t積タイプ同様、環境省・国土交通省連携「水素社会実現に向けた産業車両等における燃料電池化促進事業」にて導入補助の対象となる予定だ。

標準仕様の価格は1340万円。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • ヤマハ発動機、FC搭載の電動小型低速車両での公道実証を輪島市で実施へ 画像 ヤマハ発動機、FC搭載の電動小型低速車両での公道実証を輪島市で実施へ
  • 東邦ガス、セントレアに水素ステーション開設 FCバス充填用の補助金制度を初適用 画像 東邦ガス、セントレアに水素ステーション開設 FCバス充填用の補助金制度を初適用
  • 2025年にHVとFCVの価格差を70万円に、水素・燃料電池戦略ロードマップ 画像 2025年にHVとFCVの価格差を70万円に、水素・燃料電池戦略ロードマップ
  • トヨタ、太陽光発電で水素を製造・供給するステーションを元町工場に導入 画像 トヨタ、太陽光発電で水素を製造・供給するステーションを元町工場に導入

特集

おすすめのニュース