日立オートモティブ、アウディ e-tron 採用のEV向けインバーターを紹介予定…人とくるまのテクノロジー2019

アウディ e-tron向けインバーター
  • アウディ e-tron向けインバーター
  • インバーターに内蔵されている小型高効率 両面冷却パワーモジュール
  • アウディe-tron

日立オートモティブシステムズは、アウディ初の量産EV『e-tron』に採用されたEV向けインバーターを、5月22~24日にパシフィコ横浜で開催される自動車技術展「人とくるまのテクノロジー展2019横浜」に出展する。

世界的規模での環境規制の厳格化に伴い、電動車両の普及が各国で推進されており、その性能向上に寄与する、より高出力で高効率なモーターやインバーターなどの電動パワートレインシステムが求められている。

今回、アウディが採用した同社インバーターは、EV専用に開発、設計されたもので、高出力密度によって動力性能の最大化に貢献している。具体的には、新世代のIGBT(絶縁ゲート型バイポーラトランジスタ)を内蔵した、小型高効率両面冷却パワーモジュールを搭載。インバーターとしては同社従来製品と比較して約160%となる高出力密度を実現した。

アウディ e-tronは、2基の電気モーターと電動4輪駆動システムによって、優れた動力性能をドライバーに提供するフルサイズSUV。同社はその電動パワートレイン技術をインバーターで支援する。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集