日産、プロパイロット2.0 など最新技術を紹介予定…人とくるまのテクノロジー2019

日産自動車 ブースイメージ
  • 日産自動車 ブースイメージ
  • プロパイロット2.0

日産自動車は、5月22~24日にパシフィコ横浜で開催される自動車技術展「人とくるまのテクノロジー展2019横浜」の出展概要を発表した。

今回、日産ブースでは、『リーフ』の高性能バージョン『リーフe+』に搭載した「e-パワートレイン」をはじめ、高速道路上の走行を幅広く支援する世界初の運転支援技術「プロパイロット2.0」などの「電動化」、「知能化」技術に加え、新型軽自動車『デイズ』の新設計パワートレインや、世界初の量産型可変圧縮比ターボエンジン「VCターボ」技術などを紹介する。

新開発e-パワートレインは、優れたエネルギー効率とさらなる高出力、高トルクを実現。同パワートレインを搭載するリーフe+は最高出力160kW、最大トルク340Nmを発揮し、約40%長い航続距離458km(WLTCモード)を実現している。

プロパイロット2.0は、高速道路の複数車線をナビゲーションシステムと連動して設定したルートを走行し、ドライバーが常に前方に注意して道路・交通・自車両の状況に応じ直ちにハンドルを確実に操作できる状態にある限りにおいて、同一車線内でハンズオフが可能となる。

その他、『アルティマ』にも搭載を拡大した世界初量産型可変圧縮比ターボエンジン「VCターボ」、新型デイズの新設計パワートレインや新開発プラットフォームを紹介する。

また、自動車技術会主催企画展示コーナーではリーフe+の展示を、試乗コーナーでは、リーフe+とデイズの公道試乗を実施。さらに特別講演では、量産型可変圧縮比ターボエンジン「VCターボ」の開発責任者が「可変圧縮比エンジンを搭載した新型アルティマ」をテーマに講演を行う。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集