ベントレー フライングスパー 新型、世界初の3Dレザー内装を採用へ…2019年後半に発表予定

ベントレー・フライングスパー 新型の世界初の3Dレザー内装
  • ベントレー・フライングスパー 新型の世界初の3Dレザー内装
  • ベントレー・フライングスパー 新型の世界初の3Dレザー内装

ベントレーは5月16日、現在開発中の新型『フライングスパー』(Bentley FlyingSpur)に、自動車向けとしては世界初の3Dテクスチャードレザー内装を採用すると発表した。

現行フライングスパーは2013年春、スイスで開催されたジュネーブモーターショー2013においてワールドプレミアされた。『コンチネンタル・フライングスパー』の後継モデルだ。

6.0リットルW12気筒ガソリンツインターボエンジンを搭載。最大出力625ps/6000rpm、最大トルク81.6kgm/2000rpmを引き出す。0~96km/h加速4.3秒、最高速322km/hの性能を発揮する。

このフライングスパーが、およそ6年ぶりにモデルチェンジを行い、2019年後半に新型が初公開される予定だ。新型のハイライトのひとつが、自動車向けとしては世界初の3Dテクスチャードレザー内装の採用。この新素材は英国クルーのベントレー本社の職人と女性チームによって開発されたという。

ベントレーが公開した画像からは、ドアトリムに配されたレザーが、立体的なダイヤモンドパターンを刻んでいるのが見て取れる。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • VWグループ、3Dプリントセンター開設…将来は工場の車両生産ラインにも導入へ 画像 VWグループ、3Dプリントセンター開設…将来は工場の車両生産ラインにも導入へ
  • スギ由来の新素材からつくった世界初の自動車部品、ミツオカ車で搭載試験 画像 スギ由来の新素材からつくった世界初の自動車部品、ミツオカ車で搭載試験
  • フォードモーター、世界最大級の3Dプリント製部品を開発…ケン・ブロックの900馬力ドリフトマシンに[動画] 画像 フォードモーター、世界最大級の3Dプリント製部品を開発…ケン・ブロックの900馬力ドリフトマシンに[動画]
  • 東レ、欧州にオートモーティブセンター開設…自動車向け新素材開発へ 画像 東レ、欧州にオートモーティブセンター開設…自動車向け新素材開発へ

特集

おすすめのニュース