シートベルトをチャイルド仕様にする補助具 日本上陸

自動車 テクノロジー 安全
スマートキッズベルト
  • スマートキッズベルト
  • コンパクトで軽量なベルト型装置
  • 後部座席に子ども3人が乗車可能
  • スマートキッズベルト
 世界各国から生活を豊かにする製品を輸入・販売するメテオAPACは、持ち運びに便利で簡単に取り付けができる子ども用ベルト型幼児用補助装置「スマートキッズベルト」を2019年4月下旬より一部ホームセンターにて先行発売する。全国販売は2019年夏よりホームセンターやカー用品店などで順次展開予定。

 スマートキッズベルトは、自動車のシートベルトを子どもの身体の大きさに調節するベルト型の補助装置。新たにシートを取り付けることなく、大人用のシートベルトに装着するだけで、座席上に安全に子どもを固定する。コンパクトなポケットサイズで持ち運びに便利で、取り付けも簡単。2か所あるクリップをシートベルトに取り付けるだけで使用でき、後部座席に子ども3人を座らせることができるという。

 スマートキッズベルトは、ポーランドで開発・製造され、既に20か国以上で使用されている。日本には今回初上陸となる。メテオAPACによると、スマートキッズベルトは、世界で唯一、欧州・米国・日本の安全基準にすべて適合したベルト型補助装置で、高い安全性を誇るという。

 価格は4,980円(税別)。ほとんどの車両で使用でき、自家用車だけでなく外出先のタクシーや旅行先のレンタカーなどでも使用できる利便性の高さも大きなメリットだ。使用は3歳以上、または体重15キロ以上の子どもに推奨。使用の際はマニュアルをよく読み、使用上の注意を守って使用してほしい。

◆スマートキッズベルト
発売日:2019年4月下旬より一部ホームセンターなどで先行販売(2019年夏より全国で順次販売)
推奨年齢:3歳~12歳
推奨体重:15~36kg
製品重量:約120g
参考価格:4,980円(税別)
販売先:全国のホームセンターやカー用品店など

シートベルトを手軽にチャイルド仕様に「スマートキッズベルト」4月下旬発売

《畑山望》

編集部おすすめのニュース

  • コンビ、新安全基準R129適合の後向き装着チャイルドシート発売へ 画像 コンビ、新安全基準R129適合の後向き装着チャイルドシート発売へ
  • 骨盤を立ててバランス保持、 マツダ3 に新採用されたシート開発の極意 画像 骨盤を立ててバランス保持、 マツダ3 に新採用されたシート開発の極意
  • トヨタ紡織、富士裾野工場のシート生産を2020年12月までに停止 画像 トヨタ紡織、富士裾野工場のシート生産を2020年12月までに停止
  • シートベルトで運転者の健康状態を検知、カバー型デバイスの実証実験を実施 画像 シートベルトで運転者の健康状態を検知、カバー型デバイスの実証実験を実施

特集