ZMP、自動運転・ADAS関連の最新技術を紹介予定…人とくるまのテクノロジー2019

自動運転・ADAS開発用車両プラットフォーム RoboCar SUV
  • 自動運転・ADAS開発用車両プラットフォーム RoboCar SUV
  • 宅配ロボット CarriRo Deli(キャリロデリ)
  • 自動運転用4眼ステレオカメラ RoboVision 3
  • データ解析プラットフォーム RoboDataPlatform(RDP)

ZMPは、5月22日から24日の3日間、パシフィコ横浜で開催される「人とくるまのテクノロジー展2019横浜」に出展し、自動運転・ADASに関する最新の製品・サービスを紹介する。

ZMPは、自動運転・自律移動技術を適用した製品・サービスの商業化に向けて開発を進めており、その関連技術を活用した製品・サービスを顧客に提供。自動運転用コンピュータIZAC(アイザック)を用いた自動運転技術適用サービスをはじめ、自動運転の実証実験・研究開発のための車両プラットフォームRoboCarシリーズや、ソニー製CMOSセンサを搭載したステレオカメラRoboVisionシリーズの販売、ADAS・自動運転開発に必要な走行データの取得を支援するサービスRoboTestなどを展開している。

今回の出展では、自動運転・ADAS開発用車両プラットフォーム「RoboCar SUV」や宅配ロボット「CarriRo Deli」の実物を展示。また、自動運転技術を活用したモビリティサービスを実現するためのソリューションの紹介や小型EVバスのモデルを追加した自動運転用車両プラットフォーム、自動運転・ADAS機器の開発に必要な検証走行に対応したデータ計測や解析サービスについて紹介する。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集