日を跨いでも乗り降り自由…名古屋市営地下鉄の一日乗車券が「24時間券」に 5月27日

券売機以外で発売する24時間券の表面。使用開始後は裏面に有効日時が印字される。
  • 券売機以外で発売する24時間券の表面。使用開始後は裏面に有効日時が印字される。
  • 券売機で発売する24時間券。有効日時が印字された使用開始後の見本。

名古屋市営地下鉄を運営する名古屋市交通局は4月22日、「地下鉄全線24時間券」を5月27日から発売すると発表した。

「ドニチエコきっぷ」を含む現行の地下鉄一日乗車券に代わるもの。使用開始から24時間後まで乗り降り自由となるため、日を跨いで利用することも可能となる。

ただし、券売機で購入したものは、購入当日の終電までに使用を開始しない場合、翌日分は無効となる。駅や交通局サービスセンターなどで購入したものは、購入日以外の任意の日から有効とすることも可能。

発売額は現行の一日乗車券と同じく大人740円・子供370円。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

特集