中型バスを使ったラストマイル自動運転の実証実験を実施へ、国交省と経産省

中型自動運転バスを使用した公道実証実験事業の概要
  • 中型自動運転バスを使用した公道実証実験事業の概要

国土交通省と経済産業省は4月19日、ラストマイル自動運転の実証実験で、新たに中型自動運転バスを使用した公道実証実験事業を2019年度から2020年度にかけて実施すると発表した。

バス事業者から大きなバスを使用して最寄駅と最終目的地を自動運転移動サービスで結ぶ「ラストマイル自動運転」の実証実験を行いたいとのニーズを踏まえ、2019年度から新たに中型バスを使用した実証実験事業を実施する。

これまでラストマイル自動運転の実証実験は2016年度から国土交通省と経済産業省が連携し、小型カートや小型バスを用いて実施してきた。

2019年度は交通事業者の選定や、実証実験に向けて中型自動運転バスを開発する。中型バスの制御系の改修、ブレーキ改造、ナンバー取得、自動運転化改造、試走検証する。また、中型自動運転バスによる実証事業者の公募・選定、小型バスを用いたプレ実証を行う。2020年度に中型バスを用いた公道実証実験を実施する。2事業者、2カ所以上で実験する予定。

今年夏頃に実証実験を実施する交通事業者の公募を開始する予定。

一方、2019年度の交通事業者の選定に先立ち、これら公募・選定業務を行う自動運転バスコーディネーターを公募する。4月19日から5月22日まで。

《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • 自動運転関連の求人数、前月比で2カ月連続で2ケタ増…2019年3月末 画像 自動運転関連の求人数、前月比で2カ月連続で2ケタ増…2019年3月末
  • 「道の駅」を自動運転やMaaSの中核に…実証実験に見る、その可能性 画像 「道の駅」を自動運転やMaaSの中核に…実証実験に見る、その可能性
  • NEDO、自動運転技術の社会的受容性を調査へ 画像 NEDO、自動運転技術の社会的受容性を調査へ
  • 自動運転車の国際基準作りに向けた優先検討、7項目を決定 国連 画像 自動運転車の国際基準作りに向けた優先検討、7項目を決定 国連

特集