名鉄が特別車の車内改札を省略へ---発売状況を確認できる車掌端末を導入 5月18日から

全車が特別車で運行されている名鉄の中部国際空港アクセス特急『ミュースカイ』。車掌端末は461台が導入され、座席発売状況の確認のほか、名鉄運行情報に表示される外国語表示の音声再生にも対応している。
  • 全車が特別車で運行されている名鉄の中部国際空港アクセス特急『ミュースカイ』。車掌端末は461台が導入され、座席発売状況の確認のほか、名鉄運行情報に表示される外国語表示の音声再生にも対応している。
  • 5月18日5時10分からサービスが開始される「名鉄ネット予約サービス」の画面イメージ。座席の選択が可能で、購入後は2回まで変更が可能(駅購入は1回)。発売は乗車日の1か月前からで、発売時間は5時10分から翌0時15分まで。利用列車の発車1分前まで購入可能。日英の2か国語に対応し、会員登録なしでも利用できる。

名古屋鉄道(名鉄)は4月17日、中部国際空港アクセス特急『ミュースカイ』、快速特急、特急の特別車で実施している改札業務を5月18日から原則省略すると発表した。

これは、特別車両券をインターネット上で発売する「名鉄ネット予約サービス」が5月18日に開始されることに伴なうもので、特別車の改札業務を担当する車掌に車掌端末を導入することで発券状況を確認できることから、指定された座席以外に着席している旅客や、特別車両券を所持していない旅客を除いて、改札業務を省略する。

「名鉄ネット予約サービス」はクレジットカード決済のみで、購入した特別車両券は駅での発券は不要になるが、利用時は購入情報を確認できるスマートフォンなどの端末、決済に利用したクレジットカードを携帯する必要がある。

また、このサービスの導入により「回数特別車両券」と「時差・土休回数ミューチケット」が5月17日限りで発売終了となる。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

  • JR東海が在来線指定席の車内改札を省略…車掌用新型端末を導入 10月1日から 画像 JR東海が在来線指定席の車内改札を省略…車掌用新型端末を導入 10月1日から
  • JR東海、指定席・グリーン席の車内改札を省略へ 画像 JR東海、指定席・グリーン席の車内改札を省略へ
  • 【新聞ウォッチ】東海道新幹線も「切符を拝見」省略、自由席は継続 画像 【新聞ウォッチ】東海道新幹線も「切符を拝見」省略、自由席は継続
  • JR東日本、東海道線『踊り子』指定席で切符確認やめる…4月25日 画像 JR東日本、東海道線『踊り子』指定席で切符確認やめる…4月25日

特集